スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までの時間を返せー!

091012_1907~01








どれでの時間を費やしてきたことか。




あれに。





完全にだまされていました!!





時間を返せー!






というわけで、今日は、ご飯の話です。














最近、無洗米を使ってました。









で、また普通の洗わないといけないお米に変えました。












で、間違って、洗わずにお米を炊いてしまいました。














でも、おいしかったです^^













意味、わかります??











お米は研がなくてはいけないと思って、



今までずーっと、あの白濁がなくなるまで研いでいたんです。













で、間違って、研がないで食べたんです。
















でも、味は・・・・・















おいしー^^










たぶん、グルメが食べたら、
「なんだ、これは!」


と言うんでしょうけど。







僕の、舌はその違いを分かりませんでした。







だから、みなさんも、そんな神経質にならず、
適当にちゃっちゃっと洗うだけでOKですよ。





うん。そんだけ。







読んでくれてありがとうさん♪
では、素敵な一日を~★
スポンサーサイト

あなたの生産性を2倍にする照明術



どうも、ジュンです^^






調子はいかがですか?
いい感じ?












さてさて、今日は、

照明によって、仕事の生産性を上げようじゃないかと。
あなたの給料を上げようじゃないかと。
昇進しちゃおうじゃないかと。



そう思ってます。










人は、光にめちゃめちゃ左右されます。
(でも、なかなか気付きませんが)




ファーストフードとコンビニは眩しい店内。大体、蛍光灯。
逆に、長居したくなる場所は、間接照明です。
カフェとか、ちょっといいレストランとか。



人は、明るいところでは、警戒します。力みます。血圧が上がります。呼吸は、速く浅くなります。臨戦態勢になります。要は、緊張してるんです。
でも、薄暗いと、リラックスし、開放的で、体もゆったりします。もちろん、血圧も落ち着きます。呼吸も深くゆっくりとなります。







営業の会社は、蛍光灯が適してます。
でも、クリエイティブはアイディアを求められるところは、間接照明をおすすめします。












ヒラメキが起こるのは、いつもふとした時です。
お風呂?トイレ?ベットの中?






ヒラメキはリラックスしている時のほうが起きやすいです。










だから、僕が思うもっとも生産性の高い働き方は、
クリエイティブさを求められる仕事のときは、間接照明でリラックスして、
そして、実行段階では、明るい部屋の元で行う。











分かります?







ヒラメキは、緊張を嫌います。リラックスを好みます。
だけど、バリバリ行動するのも必要です。
そういう時は、蛍光灯に切り替える。







これが、体の状態と、仕事を結びつけた理想的な働き方だと思います。














つまり、夢を描くときは、間接照明の元で行ったほうがいいでしょう。
その方が、自由に、創造的なものを描けるはずです。



あと、企画系の仕事、デザイン会社、それに、会社のビジョンを描くときとか。
新しいものを生み出したり、工夫したり、想像したり。
そんな仕事には間接照明がいいと思います。







あなたも間接照明で、同僚を驚かせるアイディアを生み出してみては?









で、ですね。僕思うんです。
(話半分でお聞きください)



諸葛亮孔明って知ってます?
三国時代一番の冴えた男です。
ハンパないやつです。




彼はきっと、間接照明好きだったと思うんです。
あの無限な発想力。


きっとそうだと思うんです!




後は、黒田官兵衛とか、竹中半兵衛とか。
あの辺の戦略家たちは。




彼らは間接照明フリークに違いない!





って全部勝手な想像ですが・・・・










今日のまとめ。
クリエイティブな仕事は、リラックスして行うべし。
行動が要求される仕事には、明るい部屋を選ぶべし。

間接照明が、あなたの想像力を引き立たせ、
蛍光灯があなたを行動へと促す。


夜は想像し、
昼に行動せよ。







では、また!
今日はここまで!



素敵な日々を☆
あなたにたくさんの幸あれ!!

心のデトックス

続きを読む

~男女関係の間接照明~


お仕事お疲れ様です。
ゆっくり休んでくださいね^^


さてさて、
「間接照明を使って意中のあの子を落とす方法」をお話します。



こんなテーマってなんだか下世話ですね(^^;)
でも、豊かな人生にパートナーは欠かせません。

(僕も最近、彼女にふられちゃいました・・・
やっぱり、素敵な恋人がいたらうれしいものです。)



こんな実験を紹介します。

2つの部屋を用意します。薄暗い部屋をと明るい部屋」です。そしてそこに、男女の混合のグループを部屋に入れるのです。
明るい部屋と、薄暗い部屋では、それぞれのグループにどんな行動が見れらたのか。


結果は、こうでした。
明るい部屋のグループは、互いの身体距離が遠く、話す内容も当たり表面上の話でした。
では、薄暗い部屋は?
薄暗い部屋のグループでは、互いの距離が近くスキンシップが見られ、話の内容もプライベートな内容までに及んだ。




どうでしょう?
とっても面白い実験ですよね。



つまり、薄暗い部屋の方が仲良くなれるわけです。
親密な関係を築けるということです。
間接照明って使える道具ですよね^^

あなたも、是非、気になる異性がいたら、明るい部屋ではなく、
間接照明の薄暗い部屋を選んでくださいね!


僕の個人的な感想では、
何も男女の関係でなくとも、間接照明の効果を感じます。
男同士や女同士でも、この親密な話をすることができるのです。
少しつっこんだ内容の話、仕事での悩みとか、夢とか、人生とか、人間関係とか、
そんな話をしやすくなります。

もちろん、明るい部屋でも深い話はできますが、
薄暗いほうが、簡単にできます。



ちなみに、僕の友人にルームシェアを営む者がいます。
彼は、シェアメイト間のギスギスした関係を修復するのに、
「家族会議」というコミュニケーションの場を設けます。


彼は、人間関係の問題解決のプロなんですが、
彼は、互いに腹を割って話し合えるようにするために、
蛍光灯を消して、薄暗くします。
そうすると、すんなり深い話ができるようになるわけです。



人間って明るい光を浴びていると、どうしても緊張してしまうんですよね。
緊張すると体が硬直するわけですが、それは警戒や防御の現われです。

でも、警戒していたのでは、互いに距離が縮まりません。
だから、リラックスできる環境が必要なわけです。




今日のまとめ
「間接照明で、あなたは仲良くなりたい人と仲良くなれる!」


ご家族と、恋人と、友達と、両親や兄弟と。
誰でもいいです。

仲良くなりたい人と間接照明で一緒に過ごしてください。
きっといい時間がすごせますよ☆





ではでは、またいつか♪
素敵な日々を☆





~~~~全然関係ない話~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんは一日何食食べます?

普通は3食ですよね。


僕は、1食の日がほとんどです。
仕事に夢中になると、晩飯しか食べません。


そしたら、頬がほけてきました。
痩せこけてます(笑)

僕にとってはよくあることです。
だけど、みんな超心配します。

「ご飯食べれてないの??」
みたいな。

いやいや、結構いい生活してますよ。




やっぱり、3食必要なんですかね?

まぁ、体調は元気そのものなんですが。



では、また☆
じゃーね~^^

あなたにいいことがたくさんありますように☆






プロフィール

中野照明商店

Author:中野照明商店
中野照明商店は「間接照明」の専門店です。

ホームページはこちら↓
間接照明・スタンドライトの通販店『中野照明商店』

ブログランキングやってます♪
今、一番人気のブログは?

こんにちわ。
中野照明商店店長の中野です。

ブログに遊びに来てくれてありがとうございます。

当店は僕のこんな思いから始まりました。

みんなとても頑張っている。
仕事したり、学校いったり、
だから、もっと自分を好きになってほしい。
豊かに、幸せに、楽しく生活をしてほしい。

まだまだ未熟者の僕ですが、
多くのお客様から喜びの声をいただけるようになりました。
つくづくうれしい、何度読み返してもうれしい。

少しでも人の役に立てていることをうれしく思います。
ありがとうございます。
これからも皆様に、豊かでハッピーな空間と時間を提供していければと思ってます。

では、ブログをお楽しみください☆

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。